有料老人ホームの探し方 - 住宅型有料老人ホームの費用負担
  • 有料老人ホームの探し方

    高齢化が進むにつれて高齢者福祉サービスの整備、拡充が図られている現在、有料老人ホームへの入所を考える人も増加しています。



    では、自分にあったホームを探すにはどうしたらよいでしょうか。まず自分のニーズが有料老人ホームへの入所によって満たされるのかを検討することです。
    高齢者福祉サービスは在宅型と入所型の2つに分けられますが、入所型サービスでも特別養護老人ホームやグループホーム、サービス付き高齢者住宅への入所というように様々です。



    そこでまず、これらの施設が果たす役割や機能、入所条件の違いを把握し、どの施設への入所が自分に一番合っているのかを検討することが重要となります。次に入所する施設の所在地を確認することです。
    以前はホームの数があまりなかったため、入所する施設を選ぶことは難しかったですが、現在は各地に出来ており、入所希望者自身がどの施設に入所したいのかを選べます。特に生活圏内にホームがあることも多いので、住み慣れた地域のホームに入所したいという人も多いです。

    逆に面会などのことを考え、息子や娘の居住地近くのホームに入所を希望する人もいます。



    有料老人ホームは都道府県や政令指定都市、中核市といった管轄の行政に届け出る義務がありますので、行政の担当窓口に行けば、住所や連絡先を教えてくれます。

    そしてそれらの情報をもとに、入所候補の施設の資料を取り寄せ、入所者が望むニーズを満たしてくれるホームか否かを検討することが大切です。