有料老人ホームの種類と位置づけ - 住宅型有料老人ホームの費用負担
  • 有料老人ホームの種類と位置づけ

    日本はこれから高齢化社会になってくると言われており、それを受け入れるための体制作りが急がれています。



    その中心となるのが老人介護福祉施設で、これには多くの種類があります。


    公的な施設では重度の介護者向けの特別養護老人ホームや、リハビリを目的とした介護老人福祉施設などがあります。



    公的な施設ゆえ入居費用が安いのが特徴ですがその分競争率が高くなり、なかなか簡単には入ることができません。
    この状況を補完する形で民間の施設が存在し、有料老人ホーム・高齢者向け住宅・グループホームに大別できます。



    この中で有料老人ホームは介護付・住宅型・健康型の3種類あるのですが、その違いは一般にはあまり知られていません。
    介護型というのは重度の介護者でも受け入れられる体制を持っており、医療ケアが充実している施設のことです。介護保険が適用されますが、公的施設に比べると入居費用は高くなります。
    住宅型というのは基本的に健常者を対象としており、もし要介護の状態になったときは外部の介護サービスを利用しながらそこに住み続けられる施設のことです。

    介護付より費用は安くなりますが、重度の要介護になると退去になる可能性があります。

    健康型も基本的には健常者を対象としており、老後の生活を楽しむための設備が充実した施設です。
    その分費用が高くなり、重度の要介護になると住み続けられません。

    予算の関係で公的施設を増やすことが難しい中、有料老人ホームの需要は今後大きくなっていくでしょう。ただし施設によって条件が大きく違ってくるので、後でトラブルにならないよう入居前によく調べることが重要です。